--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’04.09・Wed

Green Wings

 逗子の「あめつちのしづかなる日」をお世話してくれたのは、宮本眞美さんとその仲間たち。Green Wingsという素敵な名前のゆるやかなグループを作って、創造的な活動をしています。アーティストやデザイナーがいてセラピストがいて、ジャンルを越えてしかも人数倍では収まらない広がりを持っている。ほんのひとときをごいっしょしただけですが、秘めたるパワーに圧倒されたマサヒロ丸でした。ひとりひとりが深まった世界を持っていると、どこか地下でつながるようなパイプがあってそこに見えないエネルギーが強力に流れ、地盤を固めているのだと想像してしまいました。

 ぼくは写真の世界、それも小さな視点しか持ち合わせていない世界ですが、それでもそこを深め極めようとするなら、きっと地下のパイプの連結部分が強固になるだろうとうれしい予感がします。

 「あめつちのしづかなる日」に関わってくれる仲間のひとりひとりの世界を、「あめつちのしづかなる日」そのもので応援できたら、それも素敵だ。イメージばかりですが、どんどん広がっています。「あめつちの響きと人の微笑み」。ときどき写真集に添えているメッセージの意味がいまわかったような気がします。

Dsk9398.jpg

   逗子にて






スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie微笑みの仲間たち

2008’04.09・Wed

pokeちゃん

 東京の2会場をお世話してくれたpokeちゃんこと入澤和美さんは、ぼくが友人たちと開いたある集いの参加者のひとりでした。それが3、4年前のことです。ある集いとは、本当の自分という存在に気づきそれと共に暮らそうというのがテーマでしたが、もちろんぼく自身がそれをできているわけではありません。ただ、和美さんもぼくも、そして「あめつちのしづかなる日」に集ってくれる仲間たちも、きっと同じようにどこかにそんな気持ちを大切に持っているんじゃないかと思えるのです。本当の自分とは、いったいどういうものでしょうか。この世に生きている間に答えが見つかるようなものではないかもしれませんが、久しぶりに和美さんにお会いして、ああ、思いっきり自分自身の人生を楽しんでいるんだなと感じました。あっけらかんとして、まるで子供のようだと思いました。そして、それは本当の自分のひとつの側面なんだろうと思ったのでした。pokeちゃん。ありがとう。その笑顔。

Dsk9368.jpg






コメント(0) TOP
Categorie微笑みの仲間たち

2007’05.29・Tue

神戸の仲間たち

 コラボレーション。カタカナ辞典には簡単に共同制作とあるだけでしたが、リーダーズ英和辞典には沢山の解説がありました。共同のほかに、合作、共同研究、協調、援助などです。「あめつちのしづかなる日」こそ、集まった仲間たちのコラボレーションなんだと思います。しかもこの中の、協調というのがいいでしょ。言葉の意味を探ることが好きなぼくですが、広辞苑によると、協調の意味のひとつに、「性格や意見の異なった者同士が互いにゆずり合って調和をはかること」というのがありました。さらに、ゆずり合うというよりは、溶け合うようなイメージが好きなぼくです。

 というわけで、溶けながら調和して行く「あめつちのしづかなる日」の仲間たちのご紹介コーナーです。

 千晶さんとマサヒロを全国に先がけて(大袈裟な!!)初めて呼んでくださった神戸のみなさん。本当にありがとうございました。心を込めて、ここにみなさんを全国に向けて(大袈裟が好きなんです)ご紹介させてくださいね。


Dsa6864.jpg


 まずは、主催者の要となってくれた矢作紀子さん。木のぬくもりを大切にした家づくりを展開するくにけんの社長でもありますが、心の中は乙女のようだと、マサヒロ丸は見抜いてしまいました。小鳥がさえずるようにお話されるので、聞き惚れてついつい内容を聞き逃してしまいます。お忙しい中でしょうに神戸のひとときを企画してくださいました。

 演奏者としても加わってくれたのは、高谷順子さん。moonというハンドルネームからするとお月さまが好きなのかも知れません。本当にお月さまのようににこやかにほほ笑んで輝いている女性です。千晶さんとは運命の出会いをしてしまいました。今は愛情豊かな子育てを大いに楽しんでいらっしゃいますが、きっと何年後かには全国にファンを持つ演奏家になるのではと、ぼくは想像しています。(かなり当たるんです、この想像)

 ファミリーコンサートの会場として木づくりの家(もちろん、くにけん作)を提供してくださった倉持次郎さんと小枝子さんご夫妻は、どこかひょうひょうとした感じもあって、気取らない都会の自然人といった雰囲気たっぷりです。お食事や宿泊まで、細やかなお世話をいただきました。そうそう、小枝子さんのおかあさんにも大変お世話になったんですよ。最高に美味しいお好み焼きや手巻き寿司をご馳走になりました。マサヒロ丸はひとりでパクパク。演奏前の繊細なミュージシャンでなくて良かった、と思うのでした。

 小さな会とは言え、観客がいなければ当然開けないことになります。ぼくにも友人のコンサートなどを開く機会がありましたが、集客はひとつのチャレンジでした。それなのに今回のこの神戸のひとときは、予定人数を越えて集っていただけました。きっとみんなで細やかに声をかけられたのだと思います。本当にありがとうございました。

 この「あめつちのしづかなる日」はタイトルが示すように、天と地の間を流れる自然界のリズムに呼応して始まりました。とぼくは感じています。ということは、関わる誰もが決して無理をする必要などありませんよね。だって言うまでもありませんが、天地の恵みで人は生かされています。この小さな会も、そのひとつなら、天地の恵みは楽しむことが一番の在り方なのではと思うんです。本当に楽しみです。このあめつちの響き、これからどんなふうに広がり、つながって行くのでしょうか。これを読まれた君もあなたも、おばあちゃんもおじいちゃんも、どうぞいっしょに楽しんでくださいね。





トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie微笑みの仲間たち

2007’03.30・Fri

ミツル・カメリアーノ


kanazawa2.jpg



じゃじゃぁーん♪
高らかな音楽に乗せて愉快な仲間コーナーのトップに登場願ったのは、鉛筆画の画家ミツル・カメリアーノさんです。今は金沢にお住まいですが、その前は岡山で、千晶さんとは旧知の仲。

カメリアーノと言っても、生粋の日本人(ですよね!!)。でも風貌から、話し振りから、その絵から、怪しげな無国籍風な雰囲気が漂っています(それがぼくの好みなんですが)。今回の金沢でのひとときにカメリアーノさんは、千晶さんの優しい演奏に包まれてライブで絵を描かれました。掲載の作品がそれです。とってもユニークな世界でしょ!!カメリアーノさん曰く、「これがぼくのコンサートの聞き方」だそうです。

カメリアーノさんはパートナーの宇企子さんとおふたりで宇吉堂というちょっと愉快なスペースを営んでいます。多少の遠方からでも一見の価値はありますよ。おふたりとお茶しながらお話するひとときは、何にも変えられない豊かなものです。まずはネット上で遊びに行ってくださいね。

宇吉堂HP 
kazesanでの紹介



トラックバック(0) コメント(6) TOP
Categorie微笑みの仲間たち

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。