--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2009’02.23・Mon

海と空と笑顔の人と

 ニライカナイをご存知ですか? 遥か東方のかなたにある桃源郷。沖縄の人々が大切に感じている魂のふるさとです。そんな雰囲気をたっぷりと残している久高島から、「あめつちのしづかなる日」の沖縄編がはじまりました。千晶さんとふたり、自転車に乗って、ニライカナイの風に吹かれてきたんですよ。きっと生涯忘れることのないひとときになると思います。

Dsn0115.jpg

 沖縄でこの小さなコンサートが開けるなんて、夢にも思っていませんでした。ふしぎなことに、それを夢に描いていた北海道のお婆、美佐胡さんがその夢のような沖縄公演に立ち会ってくれたのです。「あめつちのしづかなる日」が、ついに北は北海道から南は沖縄にまで広がった感がします。あとは、抜けている日本の各地をゆっくりと訪ねてみたいものです(ね、千晶さん)。

 沖縄公演は、「めぐり愛」というイベントへの出演をきっかけに実現しました。そしてなんと驚いたことに、「めぐり愛」の主催者、名城妙子さんと、「あめつち」の会場となったファナファーニのオーナー崎浜直美さんが親友だったんです。ふしぎでしょ? あめつちの主は、粋なことをしてくれるもんです。

Dsn0047.jpg

       斎場御嶽(セーファーウタキ)にたたずむ千晶さん


 「あめつち」開催をお世話してくれたのは、ぼくの幼馴染みみたいな存在の宮良静さん。静、静と呼び捨てにする間柄です。実は、ぼくが石垣島に住んでいたころの友人で、当時はまだ小学生でした。静とこのおじちゃんの二十数年ぶりのコラボレーションでもあったんだなあと、秘かに思っていたわけです。静はとっても忙しい女性で、今はロンドン、ウィーンへの出張に飛び立っています。そんな中で、流れるようにして、友人の川村由美子さんとふたり息もピッタリに準備を進めてくれました。

 ガジュマルなどに囲まれて森の雰囲気も醸し出すこじんまりとした会場に、なんと四十人あまりもの人が駆けつけてくださいました。びっくりです。無名なこのふたりとのひとときが、チラシもほとんど使われずに、深く静かに感じてもらいながら、笑いと涙のうちにステキに実現してしまったのです。

 昨日、静のおかあさんから沖縄の産物と共にお手紙が届きました。その中にあった言葉です。「もう一度観て聴きたいなあという声がたくさん上がっています。静といっしょに二度目の開催に向けて努力しますね」。なんてうれしことでしょう。遠い遠い心のふるさとだとばかり思っていた沖縄が、ぼくの中でぐぐーっと近づいてきました。ぼくも正夢を描いていこうと思います。

 関わってくださったみなさん。ほんとうにありがとうございました。海と空と笑顔の人たちにまた会いに行きたいと思います。


スポンサーサイト

コメント(3) TOP
Categorieコンサートレポート

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。