--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2007’05.28・Mon

神戸(その1)

 それは神戸から始まりました。「あめつちのしづかなる日」がついに流れ出したのです。今井千晶と桝野正博という小さな二人だけが創造する場ではなく、ほんの短いひとときのために、共に創り共に感じ合う仲間が集まりました。誰かが誰かにお願いするような事務的なものでも、強制されるものでもなく、それはそれぞれの自由な意志が重なり広がって創り上げた本物のコラボレーションアート。ぼくはそんなふうに感じています。

 26日の会場は、くにけんエコルーム。並木が風に揺れる垂水区舞子坂、車通りに面しているというのに週末の静かな夜のひとときとなりました。ここは「森へ繋がる家づくり」を提唱している建築設計会社くにけんのスペースだけあって、ひのきの香りと柔らかな木のぬくもりに包まれていました。

 30人を越えた観客の中には、金沢、奈良、香川、大阪など遠方から駆けつけてくれた方もいて、心のおもむくままに行動したいぼくは大いに感動してしまいました。懐かしい友と交わす握手とほほ笑みには、インターネットのふれあいだけではどうにも埋められない豊かさがありました。

 ゆっくりと重なりながら、表われては消えて行く映像をはさんで、千晶さんと高谷順子さんのふたりのライアが自由な音を奏ではじめました。ぼくの日常を題材にして作られた「秘密の原っぱ」が歌われたとき、あぁこの日のためにぼくの人生はあったのかと思ったほどです。千晶さんもぼくもどちらかと言うと創作することに対する気負いがない分、見聞きするときの迫力というような強さはありませんが、しみじみと染み入るような優しさは、どんな力をも取り込んでしまう包容力を感じさせてくれました。


Dsg0423.jpg


 マサヒロにも時間をあげるからね、と全体の構成担当の千晶さんに言われ、ぼくは近頃親しんでいる詩を朗読しました。




  ぼくが ここに
         
        まど・みちお



 ぼくが ここに いるとき

 ほかの どんなものも

 ぼくに かさなって

 ここに いることは できない



 もしも ゾウが ここに いるならば

 そのゾウだけ

 マメが いるならば

 その一つぶの マメだけ

 しか ここに いることは できない



 ああ このちきゅうの うえでは

 こんなに だいじに

 まもられているのだ

 どんなものが どんなところに 

 いるときにも

 その「いること」こそが

 なににも まして

 すばらしいこと として




 静かに聞き入ってくれたみなさんと共に、ひとりひとりの今いる場所に、たったひとりのそれぞれしかいられないという、このものすごい奇跡に、ぼくは誰よりも感動していたかも知れません。近頃涙もろいので、こういう場に出る時はよくよく落ち着いないと、つい泣いてしまいそうになります。

 三部構成の最後は映像を消して、千晶さんの音楽をゆったりと聞いてもらいました。千晶さんの歌声は、それを聴く人それぞれにある心の声に似ているのかもしれません。なんの違和感もなくそーっと静かに、心の深くから優しい思いが降り積もって行くのでした。






スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorieコンサートレポート
Genre音楽 Themeライヴレポ・感想

Next |  Back

comments

ののちゃん。遠いところを本当にありがとうございました。金沢のトライアルコンサートに始まりましたが、実際にはこの神戸があめつちのしづかなる日の本格的なスタートでした。心のままに行動を起こし、つながって行く友の環。それはどんどん広がって、いつか世界をすっぽりと包んでしまうのです。ぼくの描いている平和運動。このフレンドリーなエネルギー、小さな環からでもとっても強力なのだ♪

マサヒロ:2007/05/30(水) 12:25 | URL | [編集]

皆さん お疲れ様でした 
とても いい時間を持てたと思ってます
膝がまだ少し痛むので 足を伸ばしていて行儀が悪くてごめんなさい
千晶さんもmoonさんも すごく可愛いです~ moonさんもとても素敵な声でしたね
なかなか去りがたく ついつい玄関先で 千晶さんと話込んでしまって~
帰り道 舞子駅まで くっきり見えるお月様の明りの中 なんだか スキップしたくなるような軽さを感じながら友と歩いていきました♪

のの ☆:2007/05/30(水) 01:53 | URL | [編集]

moonさんのまさにお月さまのように優しい微笑みとライア、千晶さんとの息もピッタリで、映像を忘れて聞き入ってしまいました。もしかすると、「あめつちのしづかなる日」に欠かせない存在ですよ、なんて引っ張り込んだりして。

神戸からの帰り道、夜の高速道路を走りながら、ぼくも急に寂しさがわき上がってきました。豊かなひとときをみなさんと過ごせた満ち足りた気持ちのすぐとなりに、その寂しさはありました。楽しみが終わったあとの気持ちかも知れないし、もっともっと確かな世界を創ってみたいのかも知れません。でも、焦ることはありませんよね。一人ができることには限界がありそうですが、心通う仲間が集まると世界はグンと広がる可能性大です。みんなで少しずつ育って行きたいなと思う、マサヒロ丸でありました。これからもどうぞよろしくお願いします♪

マサヒロ:2007/05/29(火) 07:17 | URL | [編集]

マサヒロさん、無事帰られたのですね。よかった~。

私は、この夜のことは、ずっと忘れません。
忘れられないくらいずっと深いところに刻まれた気がします。
あんなに楽しみにしていた会が終わってしまい、マサヒロさんや千晶さんと別れてから、急に寂しくなって、胸の辺りがざわざわして・・・昔おばあちゃん家から帰ってきた夜に布団の中で急におばあちゃんのことが恋しくなってしくしく泣いた、あの時の感じに似ていて、別れてすぐなのに、「会いたいよ~。」と恋しくなっていました。
一日経って少し落ち着きました。(笑)
でも、今も、私の中のどこかで映像が流れ、ライアーの音が響いています。
本当に素敵な時間をありがとうございました。
その場にいられたことが幸せでした。
マサヒロさんとの出会いに、ありがとうございました。
そして、のの ☆さんにもお会いできましたね。のの ☆さん、ありがとうございました。お会いできてうれしかったです。

この「あめつちのしづかなる日」が、これからいろんなところで、たくさんの方に届けられますことを祈っています。そうして、みんなつながっていくのですね。。。

moon:2007/05/29(火) 00:39 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。